CDレビュー 漫画レビューサイト Apple Venus vol.3【アップルビーナス】
Apple Venus Vol.3

無人島に持って行きたい音楽たち。

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>


Google

WWW を検索
Apple Venus Vol.3で検索
 iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Music Store(Japan)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

We ate the show!!(DVD付)_POLYSICS

酔いに任せて第2弾です。
私はSEなのでシステム設計をしたりソフト開発をしたりしてます。
そういう業務の中で最も不安になるしんどいお仕事のひとつが調査です。
WindowsのようなOSやInternet Explorerなどのソフトはどんどんバージョンアップしていきます。
5年前に作ったシステムを新しいコンピュータにのせるとどうなるのか?最近そういうお仕事が多い…
古い仕組みは新しい箱の上ではけっこう動きません。

コンピュータ関係の仕事に就くと"あまり人と話さなくてコンピュータとさえ向き合っていれば良い"みたいな考え方の新人がたまに入ってきますがそんなことはありません。
企業向けにオーダーメイドでシステムを作るわけなのでお客様の言う通りの仕様にするのが当たり前。
そこにはかなり高度なヒューマンスキルを要する場合もあります。
しかし、こんな風にひたすらコンピュータと向き合う瞬間も多々あると考えるとこの仕事は二重苦ですね。

さて、音楽ネタです。
POLYSICSがライブ盤を出しました。
真性テクノポップバンドらしいライブ盤。YMOのフェイカーホリックを意識したかのような2枚組です♪

ついでにもうひとつ。the chef cooks me。最近試聴してちょっと気に入ったバンドです。
riddim saunterやFed Musicと一緒にライブやってるみたいだし、いつか彼らの生演奏が聴いてみたい☆


POLYSICS - Baby BIAS (Live @ Rock In Japan 2007)
はげみになります。愛の一票を。ヾ(・ω・)

にほんブログ村 音楽ブログへ
JUGEMテーマ:音楽
| ニューウェイヴ | 00:42 | comments(0) | trackbacks(0) |

Station M.X.J.Y(紙ジャケット仕様)_Maximum Joy

マキシマム・ジョイ
インディペンデントレーベル
前回ドラマの話をしましたが今回最も面白そうだと思っていたのが「ラストフレンズ」。
登場人物それぞれの心の闇がだんだんと明らかにされていく展開なのですが全く関係ないところがひとつ気になってます。

それは錦戸(役名忘れた)がしっかりと仕事しているのか?ってこと。
病的なまでに彼女である長澤まさみを束縛しDVしまくりな彼は2時間おきに家電に電話し彼女の在宅を確かめたり彼女が働いている時には昼間なのに店の外に立って監視してたりします。
彼が公務員という仕事であるところが納得の設定なんですけどね。
今の時代、定時きっちりで帰れたり仕事の成果をあまり気にしなくて良いのは公務員くらいなのかもしれません。
(真面目に働いている公務員の方すいません。)


未聴のCDがたまってきました。
というわけでそれらを紹介。
1982年リリースの名作が紙ジャケでCD化。
Maximum Joyです。
New Waveのパンク感とファンキーなベースが絶妙にブレンドされたサウンドはマンネリな音楽ライフに新しい感覚を与えてくれました♪
古いバンドなので動画がなくて残念。
代わりににJamiroquaiのTighten Upを。
彼らのライブでのカバーはいつもその選曲がすばらしいのです♪


Jamiroquai - Tighten Up (live club citta)
はげみになります。愛の一票を。ヾ(・ω・)

にほんブログ村 音楽ブログへ
JUGEMテーマ:音楽
| ニューウェイヴ | 10:38 | comments(2) | trackbacks(0) |

男前

The Style Council
Polydor
¥ 7,508
(1998-11-10)
Amazonランキング: 145007位
G.W.も終わり今日から厳しい現実と向き合わねばなりません。
会社の近くのお気に入りの定食屋が強盗に入られて潰れてました…
現実って残酷なものです。

さて、今回のテーマは男前。
自分的に、ロック界の男前(見た目重視)について語りたいと思います。

1位:ポール・ウェラー
80年代半ばごろのファッションってダサい。でもこの人は男前でした。
Style CouncilとしてLIVE AIDに出演した時もシャツがINしているのに
なぜかかっこいい…
Old Grey Whistle Testの映像やJAM時代のスーツ姿をみてもこの人にかなう
男前ミュージシャンはいません。
ちなみにStyle CouncilのBOXセットが6月末にリリースされます。

2位:Doping Pandaのメガネの人
日本人ではダントツかっこいいメガネ男子。
音も超好みです。打ち込みと生のバランス、センスも言うことなし♪
ちなみに"High"シリーズの3作目が6月についにリリースされます。

3位:デヴィッド・ボウイ
CMで流れている「チェンジズ」がすごく印象的。
今まで彼のレビューをするには必ず書いているのですが、
どうしても彼が吸血鬼にみえます。
それほど妖しくセクシーな男。

ドラキュラを映画化する際には是非とも彼に。
あと、北斗の拳を再び実写化する際には是非とも彼をユダに。

というわけで、男前特集でした。
| ニューウェイヴ | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) |

Apple Venus Vol.1

最初の『Apple Venus Vol.3』的良盤は・・・
無人島レコードでもあったジャケ買い的観点(無人島ではプレーヤーがないのでジャケで選択)も重要です。
Apple Venus Vol.1のジャケはとてもすばらしい。
続きを読む >>
| ニューウェイヴ | 19:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
 1/1