CDレビュー 漫画レビューサイト Apple Venus vol.3【アップルビーナス】
Apple Venus Vol.3

無人島に持って行きたい音楽たち。

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>


Google

WWW を検索
Apple Venus Vol.3で検索
 iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Music Store(Japan)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

サーティン・ストンピー・ヒッツ

梅雨が明けません。
諸々の夏フェスは不安なことでしょう。
今年のFUJI ROCKはBASEMENT JAXXが出たそうで。いいねぇ。
夏フェスにはしばらく行ってないけど今年体力上昇させて来年こそは!

そんな引きこもりモードな自分ですが、何気なく観ていた「カンブリア宮殿」でTOSHIBAの企業CMみたいなのが流れてましてこの音楽がすごく良かったです。
調べたところCMオリジナルでした。Electric Light Orchestra風の軽快でちょっと懐かしい音です。
Electric Light Orchestraの動画を探してましたがOlivia Newton Johnにしときます。

ちなみに紹介しているのはまたしてもTHE STRIKES。
相当気に入ったのでセカンドも購入です。


Olivia Newton John & ELO - Xanadu
 はげみになります。愛の一票を。ヾ(・ω・)
 にほんブログ村 音楽ブログへ

JUGEMテーマ:音楽
続きを読む >>
| GS | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) |

THE STRIKES

3連休も最後か。もっと休みたい…
最初はテレビネタです。
NHKのドラマ「LIMIT 刑事の現場2」がとても面白い。

葛藤や道徳を描くものが好きなので気づけばいつも暗いドラマばかり観てます。
「白夜行」など最近武田鉄矢が刑事役で出ているパターン多しです。
「BOSS」でも癖のある役をやってましたが金八的イメージの強い武田鉄矢が違う形で味出してます。

さて、音楽ネタ。80年代後半にGSを奏でていたバンド、STRIKESのインディーズ時代のアルバムが再発されました。
彼らはコレクターズなどと共に活動していたそうで、群を抜いてかっこいいバンドだったとのこと。
80年代のホールっぽい?録音もいい感じ。
こういう時代の音楽にハズレはなしです。

動画無いので代わりにneco眠るの「猫がニャ〜て、犬がワンッ!」を。
二階堂和美がおもろいです。

neco眠る「猫がニャ〜て、犬がワンッ!」
はげみになります。愛の一票を。ヾ(・ω・)
 にほんブログ村 音楽ブログへ

JUGEMテーマ:音楽
続きを読む >>
| GS | 08:51 | comments(2) | trackbacks(0) |

巨人の星 Forever

評価:
ザ・シロップ
インディペンデントレーベル
¥ 2,494
(2006-05-03)
Amazonランキング: 29418位
DVD『巨人の星』全182話を完全制覇しました。
不思議な達成感。

そのきっかけとは・・・
ある日の夜、懐かしのドラマ、アニメとかを特集したテレビ番組の中で
毎度おなじみ『巨人の星』が。
どうせラストシーンとかだろ〜と思っていたところ、予想に反し
恋人が亡くなったショックで崖を転げ落ちる星くんの映像が流れました。
不謹慎ですがおもしろい。ツッコミ所多すぎです。
他にも"星くん主催クリスマス会に誰も来ない事件(しかも手書きカード付き!)"
など名シーンのみてみたくて"ちょっとみてみよっかな"くらいの気持ちで
観始めたのでした。

最初の頃は大爆笑していたものの20話目くらいで既に真剣モードでした。
挫折⇒栄光を無限に繰り返す星くんを本気で応援する自分・・・
古い人間なのでこういう根性モノに弱い。

お目当ての崖から転げ落ちるシーンなんて笑えるどころか
一緒に泣きたいくらいの気持ちになってたし。
クリスマス会のシーンも笑い一切無しでかわいそうだなと思ってたし。

てゆうかこれは現代のたるみきった子供達の教科書にすべきですな〜。

で、その『巨人の星』の音楽について。
星くんの初恋?の人が在籍するアイドルグループ、
オーロラ3人娘の『クールな恋』は、元々はGSバンドGolden Cupsの曲です。
この曲は数々の巨人の星的カバー音源で取り上げられています。
ものすごいカタカナ英語で歌ってます。
ちなみにTV番組「ブラックバラエティ」でちょっとだけ流れます。

また終盤に登場するBarではフラワー・トラヴェリン・バンドと
日野晧正クィンテットによるサイケロック『クラッシュ』が流れます。
この曲は10年くらい前に某古着屋で買ったカセットに
たまたま収録されていたので聴いてびっくりでした。

そこで今回は自分的に巨人の星で流したい音楽を紹介。
ザ・シロップの「ハダカになっちゃおうかな」。
ザ・シロップは名古屋で活動している昭和なアングラロックバンド。
おかしなおかしなおかしな世界シリーズも第2弾がリリースされております。

一番かっこいい音楽って言うのは実は歌謡曲ではないかと思わせるようなサウンドです。
70年代っていうか昭和40年代。
GSや歌謡曲は日本が海外の音に最も高度な錬金術を施した結果と言えるでしょう。
超かっこいいす。
| GS | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
 1/1