CDレビュー 漫画レビューサイト Apple Venus vol.3【アップルビーナス】
Apple Venus Vol.3

無人島に持って行きたい音楽たち。

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>


Google

WWW を検索
Apple Venus Vol.3で検索
 iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Music Store(Japan)
  • admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3


  • Graphic by tudu*uzu
  • Designed by evidence


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

映画「セックス・アンド・ザ・シティ」オリジナル・サウンドトラック

最近また「Sex And The City」をよくみます。夜中に放送しているので。
その流れで昨日映画も観てみました。

ネタバレ注意な内容ですが、結婚式をすっぽかされるって相当きっつい出来事だなぁと思います。
主人公は本が出版されるほどのNYで有名なライターで雑誌や新聞にも結婚が取り上げられているのにドタキャンとは…
前日まで超愛していてもこれ以上ない恥をかかされたとあっては二度と許せないかもしれません。
付き合ったり別れたりを10年も積み重ねればそんな非常識も許せるんですかね?

それにしてもこの映画のサントラは良さそうです。
映画にも主人公のアシスタントとして登場するジェニファー・ハドソンの曲とか良いですね。
ジェニファー・ハドソンの顔をみるとどうしてもリロ&スティッチのリロを思い浮かべてしまいます。
顔がちょっと似ている。
でもこの映画の役柄は本当に良くて劇中でもっともいい感じのキャラだったと思います。

というわけでSex And The Cityのサントラを紹介。
RUN DMCとかいろいろ入ってます。


Jennifer Hudson - All dressed in Love & Spotlight
はげみになります。愛の一票を。ヾ(・ω・)
にほんブログ村 音楽ブログへ
JUGEMテーマ:音楽

| サウンドトラック | 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) |

ザ・コンプリート・ブルース・ブラザーズ

ブルース・ブラザーズ
イーストウエスト・ジャパン
USJ的な話題の続き。

USJは数々のアトラクションの他に数々のSHOWが行われます。
今回は前回しっかり観れなかったBLUES BROTHERSを観れたのでかなり満足。
しかも運良く?運悪くステージにあげられてジェイク、エルウッドと一緒に踊りました♪

そっくりさんとはいえ本物同様にパトカーで登場したブルースブラザーズとアレサ・フランクリンばりの歌を聞かせてくれた黒人女性に感謝☆
忘れていた何かを思い出せた気がします。
そんなわけでブルースブラザーズを紹介。
学生時代に先輩バンドがカバーした影響で自分たちも何曲かカバーしましたが「Who's Making Love」を演奏したかったなぁと今更後悔してます。


Blues Brothers LIVE- Who's Making Love
はげみになります。愛の一票を。ヾ(・ω・)

にほんブログ村 音楽ブログへ
JUGEMテーマ:音楽
| サウンドトラック | 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) |

Footloose

USJに行ってきました♪
人に話すときついUFJと言いそうになりますが書くときは大丈夫ですね。
2000年くらいにも行ったことがあるのですが、語るべきは今回初めて乗ったハリウッドドリーム。
私は絶叫マシンが駄目なようなです。
どうしも浮く感覚と落ちる感覚は苦手です。

人間は飛ぶことができない動物なのでどうしてもそういう感覚が慣れないのかもしれないですね。
昔読んだジャンプ漫画の「ペイントマン」でも主人公の男が飛ぶ能力を身につけつつもなかなか上手に飛べないという話がありましたが要は慣れなんでしょうか。

とりあえずUSJでアトラクション化された映画はほとんど観ていたので楽しめました。
映画的話題と言えばネットで"「シックスセンス」の子役、見事にオッサン化"という記事がありました。
そのサイトでは数々の子役のBefore,Afterがアップされているのですが皆さんが指摘する通り劣化は激しいようで…
「ネバーエンディングストーリー」のアトレイユの変化ぶりには特にショックでした…
ちなみに幼心の君はなかなかいい感じ♪

子供らしいかわいさを求められる彼らが大人になっても美男美女でいることは相当難しいようです。

さて、ここまでの話と特に繋がりはありませんが今回の動画は映画音楽の言えばこれ「Footloose」です。
苦労人ぽいケニー・ロギンスの幸せな1曲ですね☆


Footloose - Original Music Video
はげみになります。愛の一票を。ヾ(・ω・)

にほんブログ村 音楽ブログへ
JUGEMテーマ:音楽

| サウンドトラック | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) |

恋愛睡眠のすすめ

シャルロット・ゲンズブール
ワーナーミュージック・ジャパン
ミシェル・ゴンドリー監督「恋愛睡眠のすすめ」を観てきました。

そのストーリーは…
仕事も恋も常に不調、全然イケてない主人公のステファンがある日
隣人に恋をします。
しかし、予想通りフラれるステファン。彼は夢に現実逃避…


とこんな感じです。
ビョークなど様々なPVなどを手がけるミシェル・ゴンドリー監督だけあって
チェコアニメ的なシーンや、その他おもしろい映像が多々ありました。
ステファンの片思いの相手とその友達が電話でステファンをからかうシーンは
かなり面白いです☆
ステファン役は「モーターサイクルダイアリーズ」でも好演だった
ガエル・ガルシア・ベルナル
さて、この映画の音楽はジャン・ミシェル・ベルナール氏が手がけているのですが、
彼自身が警官役で出演しています。なぜかピアノが上手な警官として。

この映画のもうひとつ特筆すべき点は、その片思いの相手、
ステファニーを演じる女優がシャルロット・ゲンズブールだということです。
全然知らなかったので嬉しいサプライズでした♪

音楽を好きになる流れで渋谷系を通過した自分としては、久々にみるシャルロット
とても懐かしく思えました。
10年ほど前、セルジュ・ゲンズブールの作品を中心にフランス映画をみまくってた
記憶が蘇ります。
セルジュシャルロットには演技を超えて妖しい空気が流れておりました…

というわけで音楽ブログなのに映画レビューとなりました。
サントラもよかったです♪

この監督は絶対ドラムが大好きに違いない
| サウンドトラック | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) |

小さなスーパーマン・ガンバロン

GEAR-maticsの第1弾、「小さなスーパーマン・ガンバロン」のサウンドトラックが
発売されました。
GEAR-maticsは、ゴダイゴ関連の過去の音源をミッキー吉野監修のもと、
復刻していくレーベルです。

この「小さなスーパーマン・ガンバロン」ですが、音楽はミッキー吉野氏が
担当しており、復刻以前のサントラ入手困難度はかなりのものだったそうです。
オープニングやエンディングの少年合唱団の歌にはちょっと抵抗があるものの
随所に聴くことのできるミッキー吉野氏のシンセサウンドはやはり圧巻。
西遊記以前の貴重なサントラ作品として一聴の価値ありです。

さて、実は私こういう昔(70年代くらい)の特撮ものってかなり好きです☆
子供心に懐かしくて好きというわけでなくて。

当時最高の技術を施したセットなど安っぽいけどその細かさは感動的です。
ガンバロンではありませんが、予算の都合で怪獣もヒーローも戦闘中絶対に
町を破壊しない番組などもあったようです。
最近のものはそうでないかもしれませんが、"敵が現れて変身して倒す"という
単純な構成にヒューマンドラマを加え尚且つ25分で起承転結させるという
ストーリーも何気に見事だなと思います。

幼い頃は、こういう特撮やアニメで人としての道徳をたくさん学んだ気がします。
今更ながらに子供向け番組の役割の重要性に気づく。

とりあえず、仮面ライダーは電車じゃなくてバイクに乗る方向でお願いします。
| サウンドトラック | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
 1/1