CDレビュー 漫画レビューサイト Apple Venus vol.3【アップルビーナス】
Apple Venus Vol.3

無人島に持って行きたい音楽たち。

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>


Google

WWW を検索
Apple Venus Vol.3で検索
 iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Music Store(Japan)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

Do You Believe In Mazik

 元旦に会った兄が読書にハマったと言ってました。
人生で初めてだそうです。きっかけは東野圭吾の小説とのこと。
弟の私が大学時代から年間30冊以上は読んでいるというのに。
すべてにおいて私より優れた兄ですが、読書量は勝っていたようです。

さて、そんな私が最近気づいた事は、"映画化される小説は面白い"
ということです。
最近読んだのは桐野夏生『東京島』、森絵都『カラフル』、
湊かなえ『告白』など。
映画化されるとついマイノリティ根性みたいなのが働いて
読まないという選択をしてしまいがちです。
それって損でしたね。

ちなみに私は『東京島』のようにまず最初に突拍子も無いきつい状況の中での人々の心情やドラマを描いた話が好きです。
同じ状況でも皆選択も判断も違います。
人間って面白い。
とりあえず極限的状況では理性的でいたいものです。

さて、音楽ネタ。
過去のCD発掘の中からもう1枚。
SUSANの『Do You Believe In Mazik』。
立花ハジメさんとか高橋幸宏とか。
とにかくアルファレコード的な人がたくさん関わってます。
テクノポップ好きは必聴です。

JUGEMテーマ:音楽
| テクノ | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) |

EUYMO-YELLOW MAGIC ORCHESTRA LIVE IN LONDON+GIJON 2008-(完全限定生産)

駒ヶ根に旅行に行ってきました。
最近は紅葉が遅くて中央道沿いは見事な紅葉の嵐。
ソースカツ丼は食べられなかったけどローメンと馬刺しは食べられました☆
ローメンってかなり珍味ね。

久々にCDを予約しました。
YMOの「EUYMO」。MELTDOWN FESTAIVALやスペインでのYMO名義のライブ盤です♪
経済的な事情とかダウンロード販売のおかげもあって最近では試聴なしにCDを買うことなんてほぼ0でした。
試聴なしの購入はハズレ無しを確信しているからです。
きっと期待を裏切らないでしょう♪

動画はNHKの番組「YOU」。
もちろん私はリアルタイムで観た事ありません。


YOU - YMOの音楽講座
はげみになります。愛の一票を。ヾ(・ω・)

にほんブログ村 音楽ブログへ
JUGEMテーマ:音楽
| テクノ | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) |

ロボットハニー_アイラミツキ

先日、朝起きたら仕事関係の人々が家で妻と宴会的なことをやっていて驚きました。
朝、8時くらいです。
後から聞きましたが、妻と仕事関係者の一人が結託しこのドッキリを催してくれたのでした。
そう言えば住所と電話番号を教えたなぁと後から気づきました。

朝、何やら騒ぐ声が聞こえるなと思ってドアの隙間からリビングを覗いたらすごい人の数。
空気を読んで部屋着のまま顔も洗わずドアを開けました。
関係で言えば私は雇われる身。こんな催しを開いてくれて感謝です。

さて、音楽ネタです。
食傷ぎみな"テクノポップ + 美少女"の構図。Perfume、MEG、capsuleの台頭で中田ヤスタカ時代の到来なわけです。
そんな中でもうひとつ勢力をあげるなら…
アイラミツキという人がけっこう勢いあるみたいです。
すごくテクノポップを聴きたい時にはちょっと毛色が違って面白い。
取巻きに興味あり。


アイラミツキ ロボットハニー PV
はげみになります。愛の一票を。ヾ(・ω・)

にほんブログ村 音楽ブログへ
JUGEMテーマ:音楽

| テクノ | 18:54 | comments(5) | trackbacks(0) |

The Black Ghosts

ブラック・ゴースツ,デーモン・アルバーン
エイベックス・トラックス
私はブログの動画は自分がみるために貼っている節があります。
上原ひろみの音楽がかっこ良過ぎ♪
自分で貼っておいて何度も観てます。

今日、SPAのコラムで最近よくある"○○FEATURING××"についての記事がありました。
最近ではlovesとかmeetsとかもありますよね。
iPodでアーティスト別の一覧を出した時に同じアーティストなのに"FEATURING"毎に分かれてしまうので"FEATURING"にはけっこう苦労させられます。
Basement Jaxxとかそりゃもう多くて。
テクノの人はFEATURING率高いです。

さてそんなわけで今回はBasement Jaxxの「Plug it in」でも紹介しようかなと思ってましたがちょっと古いので最近のやつを。
The Black Ghosts。最近試聴したClub Music/Techno系では一押しです♪


The Black Ghosts - Anyway You Choose To Give It
はげみになります。愛の一票を。ヾ(・ω・)

にほんブログ村 音楽ブログへ
JUGEMテーマ:音楽

| テクノ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |

Mit Dir Sind Wir Vier_International Pony

Perfumeのアルバムがかなり売れてるみたいです。
過去にに椎名林檎がメジャー系とインディーズ系両方のファンを得た時の如くあらゆる系統の人をファンに取り込んでいるぽい。
私は中田ヤスタカのファンなのでなぜか初期のシングルとかうちにもあったりするのですがPerfumeがめちゃ売れていることにちょっとだけ危機感を感じてたりします。
なんだか彼女達が音楽界の硬派な部分に風穴をあけた気がして。
テクノポップ好きなので作品としては好きですけどね♪

さて、テクノ繋がりでもうひとつ(テクノじゃないかも)。
これは良いアルバムだけどジャケ買い率が限りなく低そうだなと思っていたINTERNATIONAL PONYのアルバムがいつの間にか安く売られていた。
彼らのDJ的錬金術はすばらしい。
そういえば、前のアルバム「WE LOVE MUSIC」にどう聞いても日本語ぽいフレーズがあるんですが。
「Hellow!」て曲。
「その旅の日は〜、ただ〜」と聞こえる。
私的にかなりソラミミっております。

International Pony - My Mouth (Video Clip)
はげみになります。愛の一票を。ヾ(・ω・)

にほんブログ村 音楽ブログへ
JUGEMテーマ:音楽

| テクノ | 20:04 | comments(2) | trackbacks(0) |

モノノケダンス_電気グルーヴ

電気グルーヴ,石野卓球,ピエール瀧
キューンレコード
最近、夜中に「墓場鬼太郎」というアニメがやっています。"ゲゲゲ"じゃなくて"墓場"です。
電気グルーヴが主題歌をやっているということでちょっと観てみました。

私が知っている鬼太郎と言えば、勇気があって強くて人間に優しいという"妖怪"というキーワードを
忘れてしまうほどの人間らしさをもつ男なわけですが
この鬼太郎は何か違う…
奇妙な笑い方と容姿、うーん、かなり妖怪らしい妖怪。
そう言えば、「ルパン3世」も緑ルパンの時は赤ルパンよりももっと泥棒らしい性格だったよなぁと。
読んだことはありませんが、「墓場鬼太郎」は水木先生の書いた原作により近いのかもしれませんね。

まあとりあえず「墓場鬼太郎」面白いです。
オープニングでなんだかピエール瀧っぽい人出てきますし。
全然音楽の話をしてませんね…
まあいいか、たまには。



DENKI GROOVE モノノケダンス PV
はげみになります。愛の一票を。ヾ(・ω・)

にほんブログ村 音楽ブログへ
JUGEMテーマ:音楽

| テクノ | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) |

少年ヤング_電気グルーヴ

電気グルーヴ,石野卓球,ピエール瀧
キューンレコード
「グミ・チョコレート・パイン」を観てきました。
「1980」や「アイデン&ティティ」などのいわゆる80年代系日本映画、これを見逃すわけにはいきません。
前日にはテレビで「バブルへGO」を観ているわけでしてなぜか時代モノが続いております。

主人公の少年の中2病的な"自分は人とは違う"という感覚は昔の自分も持っていたわけで昔の痛い思い出の蓋をたくさんあけられた気がしました。
まあ10代後半なんてどんな男の子も洩れなく自慰と勘違い+αなのかもしれません。
親への反抗も含め10代の悪行はその後の人生への確実なステップアップの元ですかね。

ところで「グミ・チョコレート・パイン」とは子供時代に大抵の人が経験あるであろうジャンケンで前に進む遊びが元になっているそうで。
私は地方ではグーはグリコ、チョコがチョコレート、パーはパイナップルでした。
これは中部地方限定なのか???
謎です。

さて、そんなわけで今回紹介するのは電気グルーヴの「少年ヤング」。
おニャン子クラブのほうがよかったか?
と「孤独のグルメ」風。
わかる人だけ笑ってください。


電気グルーヴ - 少年ヤング
はげみになります。愛の一票を。ヾ(・ω・)

にほんブログ村 音楽ブログへ
JUGEMテーマ:音楽


| テクノ | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
 1/1