CDレビュー 漫画レビューサイト Apple Venus vol.3【アップルビーナス】
Apple Venus Vol.3

無人島に持って行きたい音楽たち。

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>


Google

WWW を検索
Apple Venus Vol.3で検索
 iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)  iTunes Music Store(Japan)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

Phish

 やっと休みに入りました。
ダラダラしようと決めてたのでボウリング行った後は家で高校野球観て、プロ野球観て。
京セラドームだと思いますが、阪神と中日がやってまして、スポンサー会社名が並ぶ中に「クレペリン」の文字を発見。

小学校の頃にやったクレペリン検査を思い出しました。
数字が並んでいてそれをひたすら足していき1分経ったら次の段へと移っていくというものなのですが、これをある単位でグラフ化することで情緒や適応力がわかるらしいのです。
本当なんでしょうか?
何度かやった記憶がありますが、自分は負けず嫌いなのでかなり頑張ったはずです。
どんな結果だったのでしょう。

さて、音楽ネタ。
今回はセンスの高い良質バンド、reveries sound revueを紹介。
爽やかなビートと卒の無い歌声、軽やかなギターが気持ちいいです♪
でも予想通りamazonには売ってないみたいなんで替わりにPhishを。
新作はスティーブ・リリーホワイトのプロデュースだそうで。
このプロデューサーの作品はけっこう好きです。


reverie sound revue-walking around waiting downtown
はげみになります。愛の一票を。ヾ(・ω・)
 にほんブログ村 音楽ブログへ

JUGEMテーマ:音楽
 
| ロック | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 09:00 | - | - |









http://nkmusic.jugem.jp/trackback/265